ピロリ菌の抑制

ピロリ菌の抑制

ピロリ菌は全世界の人口の約半数が感染しているともいわれています。日本でも約50%の人が感染しているともいわれているため、感染予防がとても大切です。ピロリ菌が出す毒素が胃を荒らし、将来の胃がんとも関係があると考えられているのです。

 

■ 高齢者に多い
衛生面がまだ整備されていなかった頃に、飲み水などを通して感染したといわれています。唾液などで感染することはないのですが、免疫力がまだ未発達の小児の頃に感染する恐れがあります。日常生活では母親からの感染が多く、食べ物の口移しや、スプーンなどの使いまわしでも感染する恐れがあります。

 

■ 子どもの感染予防にも
もし家族にピロリ菌に感染している人がいれば、小児のころに菌がうつる可能性があります。ラクトフェリンはピロリ菌の抑制効果も確認されているため、ラクトフェリン入りヨーグルトを食べさせると感染予防に繋がります。親も一緒に食べておけば、親子でピロリ菌対策ができます。

 

■ ラクトフェリシンが効果的
殺菌作用が強いといわれているのが、ラクトフェリンが胃で消化されラクトフェリシンになった場合です。ラクトフェリンの状態より抗菌性が高まり、ピロリ菌を抑制する効果が高まります。すべて死滅させられとはいえませんが、抑制効果があることは確かです。